家から見える景色

デザイン力の高さ

一戸建て

スターディスタイルの住居は、どれも独特の設計で、他に同じような設計が存在しないことに特徴があります。
その理由は、従来の日本の家造りにおける間取りを先に考えるやり方とは違って、クライアントが描く理想をとことん形にするためにゼロから設計するところに存在しています。
日当たりがいい家が欲しい、そうなった時に土地が南向きである必要はないと断言していることからも、設計力の自信を見出すことができます。
従来であれば南向きの土地に、南向きのリビングを設置するセオリーがありました。
しかしながら、そのセオリーに囚われることなく、北向きの土地でも設計一つで日当たりは良くなり、さらにコストが安くなる可能性を提案できます。
その可能性を実際に伝えるために、顧客と徹底的に打ち合わせを立体モデルによって検証しながら行います。
スターディスタイルに相談することによって、余計なものを削ぎ落した、クライアントの希望を最大限実現することができた家を手に入れることが可能です。

スターディスタイルが携わった家は、モデルルームではなく実際に発注してくれたクライアントが居住する家をオープンハウスとすることで、その品質を確かめることができます。
モデルルームを設置することは、コストがかかるばかりでなく売り手が提案したいことを押し付ける形にもなりかねません。
結局、依頼したクライアントが実際にそれを取り入れた時のイメージが湧かないことも懸念されます。
だからこそ、オープンハウスで発見できる魅力を提案する形を取っています。
それは、モデルルームの設置費用がかからない上に、現実の成果をクライアントに伝えることができて、よりクライアントにイメージを伝えることができるメリットを生んでいます。
さらに、仕上がりに自信がなければオープンハウスは提供できません。
つまり、必ず顧客が納得できるという自信もあるからこそ、スターディスタイルは頼れるパートナーになることができます。