家から見える景色

メーカーと設計士の力

マンション

スターディスタイルという設計事務所が他の会社と明らかに違うのは、独立した会社ではなくポラスというハウスメーカーの内部に存在するベンチャー企業として存在している点です。
これは、従来の家造りにおいてハウスメーカーか設計事務所かのどちらかを選ばないといけない現状に矛盾を感じた一社員が、内部で発見した優れたメンバーとともに新たな会社を立ち上げる覚悟で立案した提案が元になっています。
何とかして、ハウスメーカーのコストパフォーマンスと設計事務所の自由度を両立することはできないか、そのために徹底した企画書と、独立する覚悟の辞表届けを傍らに上層部に提案したアイディアから生まれた事業です。

スターディスタイルの家造りは、既存の家造りの流れを打ち壊すために生まれた手法を取っています。
現状で手に入れられる土地の予算を大きくすれば、建設にかけられる予算は小さくなる。だからこそ、土地の値段を高くすることなく何とかして理想を完成させる。
そのために、注文したいと相談を受けたクライアントの声を徹底的にヒアリングします。
何を求めているのかをはっきりさせて、そのために必要な土地探しと設計を行う。そのことによって、スターディスタイルに注文した家は妥協点の一切ない、クライアントが満足する仕上がりになる点が特徴です。
従来ならば展示場やパンフレットを作ることによって発生するコストが価格に上乗せされるところを、それも撤廃したのも特徴です。そうすることで、顧客の負担する費用は本当に家造りに必要なお金だけになっています。
それがさらに、クライアントが求めるものを安価に完成させることに繋がっています。